headimg

★☆今話題の新習慣♪ピュアきらり肌『ルナメア』登場☆★

こんな症状が出てきたら

■画像名

朝目覚めて、いつものように鏡を覗き込むと、きのうまでとは違う自分がいた。

「なんか肌がオカシイ。とうとう曲がり角を曲がった!?」


少々大げさに表現してみました。

でも、年齢が20代後半、そして30代ともなると、鏡の前の自分(お肌)がそれなりに衰えてきたかなと思わないでもありません。

お肌も年齢を重ねるに従い、これまでの生活習慣によるダメージやストレスによりターンオーバーがくるってきてトラブルが生じてきます。


たとえば、こんな症状が現れてきます。

 □ 毛穴の開きが目立つ

 □ 顔がむくんで疲れがみえる

 □ 吹き出物が気になるようになる

 □ 肌ががさがさした感じがする

 □ 肌がこわばってつっぱる

 □ 化粧ノリがよくない


1つでも該当する症状があるでしょうか?

こうなると、お肌はだんだんかつてのような輝きを失い、表面がなんとなくにごった状態になってきます。

いわゆるくすみ肌です。

一時的な体調不良や精神的ストレスによる症状もありますが、女性の肌悩みのなかでも上位を占めており、20代後半から30代にかけて、増えてくることから、加齢による影響も考えられています。

とはいえ加齢がすべてではありません。


”白く透明な輝く肌”は若さと美しさのバロメーターです。でもそれは決して年齢とイコールではありません。肌年齢が実年齢よりも若い方はいらっしゃいますし、そういう方は生き方も輝いているように思います。

大概にして、いまの生活の有り様やケアのあり方が、近い将来のお肌の状態を決めてしまうということは大いにあり得ることなのです。

肌くすみの状態・原因と生活習慣

肌のくすみの原因はさまざまで、それによっていくつかのタイプに分けられます。年齢的には、運動や食事などの生活習慣や間違ったスキンケアなどによって、20代半ばから症状が出始める人もいます。まずはあなたの生活習慣から、くすみの状態を探してみましょう。






くすみの状態

原因と生活習慣

顔全体が日焼けのように黒ずんだり、茶色く見える。

紫外線によるメラニンの生成と沈着が原因

  ・紫外線対策を1年中やっていない
  ・タバコを吸っている
  ・緑黄色野菜や果物をあまり摂らない(ビタミンC・βカロチンの不足)

肌の表面がごわごわ、カサカサ。皮脂でべたついてテカる。

化粧汚れや皮脂などが肌にたまって、くすみや肌荒れの原因に。

  ・化粧を落とさず寝てしまう
  ・クレンジングをしっかりやらない
  ・洗顔を十分に行わない
  ・洗顔料などをしっかりと落とさない

肌表面が冷たく、肌色も青黒くくすんで見える。

冷えや運動不足、ストレス等で血液やリンパの流れが悪くなっている。皮膚細胞が栄養不足になり、ターンオーバーが遅れて、古い角質が残る(血行不良)

  ・冷え性である
  ・運動が嫌い、しない
  ・むくみやすい
  ・便秘がち

肌表面が乾いていて、粉のように角質がポロポロ落ちる。また細かいシワも目立つ。

乾燥によりターンオーバーが早まり未熟な状態の細胞が表面に出てきて 剥れやすくなる。

  ・1日に何度も洗を洗う
  ・あぶら取り紙を頻繁に使う
  ・保湿化粧品を使っていない
  ・乾燥した場所にいることが多い
  ・タオルで素肌をゴシゴシこする

肌の表面が余分な角質で固くなり、茶色っぽくなっている。

加齢による肌の老化で、コラーゲンやヒアルロン酸の生成力が落ちてきて、皮膚の新陳代謝が遅れ、古い角質が残ってしまうことによる。

  ・寝不足が続き疲れが取れない
  ・なんとなく肌全体の衰えを感じはじめた

唇も含め、肌全体が茶色っぽい。

ビタミン不足

  (タバコによるリスク)
  ・ニコチンが皮膚の毛細血管を収縮させ血行を悪くする
  ・皮膚に必要な酸素や栄養が不足し、老廃物も溜まりやすくなる
  ・メラニン色素の生成を抑制する美肌成分のビタミンCの働きを損なう
  (ビタミンCは抗酸化力が強い成分ですが、タバコ1本で2mgも失われます)

肌くすみ対策とおすすめ化粧品

■画像名

鏡の前の”今の肌変化”(スイッチサイン※)を見逃したら10年後の美しい肌はありません。

化粧水前の新習慣で「ピュア&きらり肌」に!

富士フィルムの新スキンケア「ルナメア」では、30代女性が感じやすいお肌の変化を”肌のスイッチサイン”として注目。

「ピュア&きらり肌」に導くためのスキンケアに必要なのは、肌に不要なものを「クリア」(除く)し、必要な成分を「チャージ」(補給)すること。

二つのアプローチを同時にかなえる成分として、ルナメアは優れた保湿作用を持つ「活性型ビタミンE」に注目。

富士フィルム独自のナノ化技術を駆使し、ビタミンC の約70倍!うるおいの美容パワーを持つ独自成分「クリアナノビタミンE」として開発に成功。ナノ化により肌細部へ「速く※」「しっかり」「すみずみまで」行き渡ります。


※角質層への浸透性が従来技術の8倍



⇒「Lunamer(ルナメア)」

「ルナメア」体験レポート

「ルナメアブライトナー」を発売前に1週間体験(Sさん:30歳)

※イメージイラスト※イメージイラスト

第一印象として、シャンパンゴールドのボトルがとても素敵!
容器は使いやすいプッシュタイプ
使ってみての感想ですが、肌に滑らせたときの感触が気持ちよく、ツルツルになったような気がします。
潤い成分をはじめとした5つのクリア&チャージ成分がギュギュッと凝縮されているそう!

ルナメアのクリア&チャージがより期待できそう(Aさん:25歳)

■画像名

「ルナメアブライトナー」を使ってみました。
つるんとした肌触り、この感じが心地いい!
また、べたつきもなく使いやすかったです。
メイク落としや洗顔料もルナメアを使ってみたくなりました。
夜は化粧水がすーっと浸透して、いつもよりしっとりしているような感じ!
1週間使ってみて、どんどん肌になじんでいくのがわかりました。

「クリアウォッシュ&ブライトナー&ローション」の感想(Mさん:25歳)

■画像名

「クリアウォッシュ」は洗顔の後も肌が潤っていてしっとり。
「ブライトナー」は、ふき取るだけの簡単ケアなのがGoodかな。
毛穴もすっきりした気がします。

ブライトナーの後にローションを使うと、さっぱりすーっとなじんでいく感じ。
しっとりしてハリが出て、触り心地も良いので、毎日のお手入れが楽しくなってきました。
しっかりスキンケアが浸透しているからか、お化粧のりが良いみたい♪
それから、化粧水のタイプが「さっぱり」・「しっとり」から選べるのもいいですね。季節によって使い分けたいです。
お値段もお手頃。たっぷり使えて続けやすいなと思いました。

※著作権上の問題により意味を変えずに書き直しております。

富士フィルムがなぜ化粧品を?

■画像名

『ルナメア』は、「富士フィルムヘルスケアラボラトリー」が提供する新たに誕生したスキンケアブランドです。
TVCMで公開中の「アスタリフト」でお馴染みの会社です。


「富士フィルムがなぜ化粧品を?」と疑問に思う部分もありますが、実は「フィルムの1/2はコラーゲン」でできているのです。富士フィルムはそのコラーゲンに関する70年間の研究成果を新たに発揮する場として化粧品事業に進出し、2007年9月にアスタリフトシリーズが発売されました。


富士フィルムの写真研究の歴史は、そのまま私達のお肌(体)にとって大切な成分であるコラーゲン研究の歴史であるとともに、その独自の技術はアンチエイジングとしてのヘルスケア分野にも大いに貢献しています。


たとえば、以前摂った懐かしい(フィルムでの)写真を見ると、色が褪せてしまっているということが多々あります。
この色褪せの原因は何かというと、活性酸素による”酸化”現象なのです。フジフイルムは写真プリントを色あせから守るために、「酸化を制御する技術」の開発にも力を注いできました。


※活性酸素が身体の細胞に損傷を与えることの有害性はよく知られています。ビタミンC の破壊を促進することで、お肌のシミやくすみなどの原因となる「メラニン」を増加させます。

新スキンケアブランド『ルナメア』でくすみを無くし、”ピュアきらり肌”へ!

■画像名

独自技術によって誕生した「クリアナノビタミンE」の入った

ふきとりタイプの角質クリア美容液♪

  

モニター満足度83.7%!

まずは1週間お手入れキットでお試し!



■ルナメアお試しセット内容

お肌のタイプに合わせた「しっとりタイプ」「さっぱりタイプ」の2種類があり、それぞれ4品でセットとなっています。
(+ルナメアオリジナルフェイシャルコットン 7枚)

■画期的コットン

表は「ルナメア」専用メッシュ、裏はコットンタイプの化粧水乳液用になっており、1つで2種類のスキンケアができます。


■使用方法:お手軽4ステップ

ステップ1:洗う クリアウォッシュ

  ↓

ステップ2:落とす ブライトナー(ふき取り美容液)・新習慣 ローション前の10秒ケア

  ↓    ※ルナメアオリジナルコットンを使うと、さらにふきとり効果UP

ステップ3:潤す 化粧水 ローション

  ↓

ステップ4:守る 乳液 エマルジョン


今なら、「スキンケア4品とオリジナルコットン」が付いた「トライアルセット」が、初回限定価格の1,000円(税込、送料無料)です。

※通常1,480円(税込、送料無料)

⇒手軽に始められる新習慣『ルナメア』トライアルキット1000円

トップへ戻る

inserted by FC2 system